20200116

 「ぐるぐるボケ」で知られるオールドレンス、旧ソビエト製Helios-44M 58mm F2がタイのオンラインショップ「Shopee」に1,500バーツ(5,500円弱)で個人出品されていたので試しに購入。ボディはキヤノンのフルサイズ。上の写真(絞り開放)はボケがぐるぐるしていないけど、現代のレンズでもあっても背景のボケは多少なりとも円状に写り込むものなので、このレンズを買ったからといって、無理にぐるぐるさせる背景を選ぶ必要もないのかと思う。

 ただ、柔らかい描写にはしたく、そのような条件を探して撮ってみた。しかしそれもフォトショップで表現できてしまう。自分にとっては結局、オールドレンズを買うメリットは安いというぐらいかも。